何の変哲もないポロです。ここウルムチに暮らし始めて3年と7ヶ月が過ぎました。
その前にも旅行で何度かこの地を訪れていたので食べ物に関していうとすっかり慣れていて生活も順調に始めることができました。
さて、ここ新疆で有名な食べ物というとカワプとかラグメンなどがありますね。
でも一番おいしいのはポロなんです。あ、ぼくの私見ですけどね。
しかも食堂やバザールで食べていては本当においしいポロは食べられないんです。
じゃあ、何処に行けば食べられるのか。それは普通のウイグルのお宅でなんです。
ですから手順としては、おいしいポロを食べるためにはまずウイグルの友人をつくらなくてはならないんですね。
で、そこのお宅にお客として訪問するわけです、手順2ですね。
まず、間違いなくポロをつくってくれます。
統計上では97%の確率だそうです(ウソ)。
ここで、大切なのは無理に粋がって彼らの真似をして手で食べようなんて思わないこと。遠慮せずにスプーンで食べればいいんです。大事な手順3です。
手で食べるのはほんとに難しいです。でも手で食べると更においしくなります、これもほんとです。

個人的な話で申し訳ないんですけど、ぼくにとって世界一のご飯は、この写真のポロです。
ぼくの友達がつくってくれました。これ以上においしいご飯はこの世に存在しないです。
まあ、ぼくの個人的なサイトですからこれぐらい言わせてもらってもいいでしょう。

このポロに勝る飯はなし。